建築家/デザイン
Cubo Arkiteketer

場所
アウゴステンボー(デンマーク)

オープン
2019 年

内装
 天井に取り付けられ、Remix と Steelcut Trio で布張りされた Soft Cells Broadline 防音パネル。
Nimbus のシェードを取り入れた白の Kvadrat Roller Blinds 

デンマークにあるアウゴステンボー城の本館の改装には Soft Cells 音響パネル と Kvadrat Roller Blind のソリューションが採用されました。 プロジェクトのデザイン理念を反映して、歴史的宮殿の文化的・美的価値観を大切にした色や素材が使用されています。

Cubo Arkiteketer が選んだのは建造物の元々の枠組みを可能な限り完全な状態で保存できる Bouroullec デザインの巻き上げ式ブラインド と Soft Cells 音響パネル でした。 さらに、シンプルでスタイリッシュな内装を保ちながら、温度・音響面の快適さを実現するという目的にもかなった選択でした。

Kvadrat Roller Blinds と Soft Cells Broadline 音響パネル には、建物を特徴付けている他のトーンとの相補性に優れたテキスタイルが選ばれています。 また、パネルやローラーブラインドの仕様は、直線や曲線を描く黄銅色の吊りランプが取り入れられた、建物の照明コンセプトにもマッチしています。

カスタムブラケットを内蔵した Kvadrat ローラーブラインド の透明な色合いは日差しをコントロールすると同時に、内装と整えられた敷地のつながりを生み出します。 時間とともに移り変わる日差しとともに、壁や床を柔らかく繊細な色で彩ります。

廊下に隣接するミーティングルームには、バッフルを使用して天井に設置された Soft Cells Broadline 音響パネルを採用し、 プライベートな会話が部屋の外に漏れることを防いでいます。

現在デンマークの農業庁が使用しているバロック様式の宮殿内部には、さまざまなワークスペース、ミーティングルーム、共用エリアが広がっています。

Bo Lautrup 氏 (Cubo Architects の Architect MAA 兼 パートナー): 「Cubo Arkitekter と Kvadrat の非常にインスピレーションあふれる連携により、プロジェクトの展開と色やテキスタイルの選定が順調に進みました」