Frits Philipsコンサートホール

建築家/デザイン
Van Eijk & Van der Lubbe

場所
Holland

オープン
2010年

インテリア
Hallingdal 65, Perla 

Frits Philipsコンサートホールは、Van Eijk & Van der Lubbeによって再設計され、2010年アイントホーフェンにリニューアルオープンしました。ヨーロッパ最高クラスの音楽ホールのひとつとされ、ジャズ、ポップス、クラシックを含む幅広いジャンルの演奏が行なわれています。Van Eijk & Van der Lubbeがこのプロジェクトのためにデザインしたのは、巨大なガラス張りのファサードやロビー、調度品、陶器類など細部にまで及びます。その際、インテリアのあらゆる面が慎重に考慮されました。たとえば、演奏家たちが気になる空席の問題を解決するために、すべての座席をわずかに異なる色合いで装い、ステージ上からは人のように見える効果を出しました。

コンサートホール全席の布張りに、様々な色のHallingdalを採用、合計2,000mが使用されています。ロビーの椅子とプーフには、豊富な色合いのPerlaとHallingdalが用いられています。この座席は、このプロジェクトのために特別に建築家が開発した他の製品と共に、ミラノで「M-コレクション」として展示されました。