極上の空間 - 2 | PwC メルボルン支社

建築家/デザイン
Futurespace

場所
メルボルン(オーストラリア)

オープン
2017 年

内装
テキスタイル: Divina 3、 Waterborn、 Beans、 Gentle、 Razzle Dazzle Triangle

Price Waterhouse Coopers(PwC)メルボルンオフィスのクライアントコラボレーションの階には、 Kvadrat Febrik テキスタイルが使用されています。  PwC シドニー支社同様、ホテル、リテール、航空、教育空間が持つ最高の要素を取り入れたデザインが広がります。

インテリアコンセプトはホスピタリティスタイルの空間作り。最新の技術を導入し、新たな形のコラボレーションを促します。 テキスタイルで音響条件を最適化し、目的主導型の新鮮なエクスペリエンスを提供することを目指しています。

オフィスのチェアのタブは  Divina、 Waterborn、 Gentle、 Beans、 Razzle Dazzle  で布張りされています。 さらに、壁やスクリーンには Kvadrat Febrik の  Triangle  を使用しています。

メルボルンの Riverside Quay にあるこのスペースは、2018 INDE Awards の Honourable Mention in the Workspace Category(ワークプレイスカテゴリ特別賞)を授賞しています。 面積は2,000平方メートル。5つのフロアは階段でつながっています。 各階の中間には様々なミーティング「ポッド」が設けられています。 訪れる人はこれらを自由に行き来して、新たな物理的・哲学的視点を得ることができます。

Futurespace デザインディレクター Gavin Harris 氏: 「Kvadrat Febrik テキスタイルのテクスチャーは光との相乗効果で内装デザインを引き立て、ホテルのような雰囲気を生み出してくれます

 

写真:Nicole England。