Villa Amsterdam

建築家/デザイナー
HofmanDujardin

場所
アムステルダム(オランダ)

プライバシーと透明性が調和する空間
Villa Amsterdam は、公証人役場として使用されていた頃の形状をそのままに改築された邸宅です。 HofmanDujardin がデザインを手がけた Villa Amsterdam の特徴は、具現化とディテーリング。 広さ 1,000m² のヴィラにはさまざまな Kvadrat カーテンが随所に取り入れられ、キッチンとダイニングルームには  Twilight 、居間には  Casa 、書斎と寝室には  Grado  が使用されています。

1 階には広いキッチン、ダイニング、リビングスペースがあります。 プライバシーと透明性が、家族の集うあらゆる空間に絶妙なバランスで調和しています。 プライベートバスルーム付きの子供の寝室は 2 階に設けられ、 最上階にはアムステルダムの美しい景観を楽しめるマスターベッドルームがあります。 寝室の反対側の地下スペースは、日光をふんだんに取り込んだ明るい空間へと変身しました。

アムステルダムの南部に位置する Villa Amsterdam は、室内空間と Piet Ouldof による庭が生み出す素晴らしい調和で知られています。 地元の伝統的な建築手法にヒントを得た色つきレンガや天然木材、そして大型で透明感のある開口が印象的な空間です。

この邸宅は屋外の空気と室内空間を見事に調和させています。 Kvadrat のカーテンは屋外を身近に感じさせながら、室内に温かみのある落ち着いた空間を生み出してくれます