Alfredo Häberli

Alfredo Häberli  は、1964 年にアルゼンチンのブエノスアイレスで生まれました。 1977 年にスイスに移住し、1991 年にチューリッヒにある Höhere Schule für Gestaltung を修了。

1988 年に同市の Museum für Gestaltung で働き始め、数々の展示会を手掛けました。

1991 年に自身のスタジオを立ち上げ、現在では展示会のコンセプトや、工業生産の日用品のデザイン、さらに建築プロジェクトや精巧な技術を要する家具に至るまで、幅広い活動を展開しています。

Alfredo Häberli は、日々の生活の中からアイデアを得ていると語ります。 可能性を感じさせるテーマを収集し、その中で、わずか 3 ~ 5 つの文から構成される明瞭で応用可能なアイデアで製品を生み出していきます。