Botanical Drift by Ebbe Stub Wittrup

アーティスト Ebbe Stub Wittrup がエキシビション「 Botanical Drift at Copenhagen Contemporary」で披露するテーマは国家のアイデンティティと文化的オーナーシップ。

1807 年に当時デンマーク(のちにイギリス)の植民地だったインドのセランポールに駐留し、現地の植物の収集・分類を行い、その記録がヨーロッパ全域の植物園に配布された、デンマーク人植物学者 Nathaniel Wallich の足跡を辿り、Ebbe Stub Wittrup は過去の帝国主義的な自己像と現代の世界的な権力争いを結びつけながら、さまざまな現象を検証しています。

インスタレーションのひとつでは、Kinnasand の  Glacier  を 450 メートル近く使用した、7 枚の大きなテキスタイルバナーが天井から吊されています。 バナーは、世界各地の神話、伝統、神秘的儀式の誕生において大きな役割を担ったインドの植物から抽出した植物性の染料で染められています。


展示期間
2020 年 1 月 23 日 – 5 月 17 日

展示時間
月曜 – 火曜閉館
、水曜 11:00 – 18:00
、木曜 11:00 – 21:00
金曜 – 日曜 11:00 – 18:00 

{{ 'Labels.Kvadrat.Client.ProductDetail.Previews.MoreProductsByDesigner' | translate }}