Cildo Meireles

2013年から2014年にかけて、シルド・メイレスのインスタレーション作品の大規模な回顧展が、ソフィア美術館(マドリッド、2013年)、セラルベス財団(ポルト、2013年)、ビッコカ格納庫(ミラノ、2014年)を巡回した。ヨーロッパでは、これまでにテート・モダン(ロンドン、2008年)、バルセロナ現代美術館(バルセロナ、2009年)で回顧展を開催している。その他の主な単行本展には、近代美術館(リオデジャネイロ)、ストラスブール近代美術館、ニュー現代美術館(ニューヨーク)、キアズマ現代美術館(ヘルシンキ)、バレンシア現代美術研究所(バレンシア)、現代美術研究所(ロンドン)などがある。