In a Slow Manner、Maison du Danemark(パリ)

シャンゼリゼ通りに建つ Maison du Danemark が一年半にわたる改装を終えて、現代アートのプラットフォーム Le Bicolore を新たにオープンします。 これを記念して、テキスタイルアートを中心とした野心的なグループ展がデンマーク人キュレーター Henriette Noermark の指揮で開催されます。

1941 年にインテリアデコレーター Anni Albers が書いたエッセイ「Handweaving Today」に敬意を表して名づけられた In a Slow Manner は、テクスチャーや素材のエッセンスの発見を通じて見る者の感覚を呼び覚まします。

グループ展には Margrethe Odgaard、Tove Storch、Justin Morin、Astrid Krogh、Ditte Hammerstrøm、Grethe SørensenVibeke RohlandAnne Fabricius Møller、Sofie Genz、Valérie Collart が参加しています。 彫刻、ウォールタペストリー、ライティングクリエーションをはじめ、アーティストたちによる非常に幅広い作品が集結します。 10 人のクリエーターたちが Maison du Danemark の Le Bicolore のオープンを感性、鮮烈さ、豊かな触感で彩ります。

Grethe Soerensen によるウォールタペストリー Water Mirrors/Jels II, 2014 と向かい合うように、Kvadrat はグループ展の主要アーティストで Kvadrat のコラボレーションパートナーの Margrethe Odgaard が手がけたファブリックをはじめ、さまざまなテキスタイルを披露します。

展示会は Kvadrat、Galerie Maria Wettergren、Last Resort Gallery、Nils Stærk との協力で実現しました。 Kvadrat は カーテンテキスタイル Air 4Erik Ole Jørgensen デザイン)と鮮やかな室内装飾用テキスタイル Vidar Kvadrat/Raf Simons コレクション)を提供しました。 デンマークの有名建築事務所 COBE が空間の改装を、Urgent Agency が新ビジュアルアイデンティティの制作を担当しました。

Le Bicolore はデジタル化に対応して、展示会の閲覧や、Podcast、オンライン記事、デジタル対談、バーチャルツアー、動画を視聴できる、Maison du Danemark が開発したオンラインプラットフォームを展開します。

展示時間 (Covid-19による規制のため閉館中)
午後 12 ~ 午後 6 時(月曜日を除く)
入館無料