1968 年にベルギーで生まれた Raf Simons は、ヘンクで工業デザインを学んだ後、Martin Margiela などのデザイナーの作品に啓発され、アントワープに移住しました。アントワープでは、市のロイヤルアカデミーのファッション部門の部門長が、勉学を中断して独自のブランドを作るよう勧めるほどの才能を見せました。

1995年に、Raf Simons メンズウェアを発表すると、古典的な仕立て技術と若者文化の両方を取り込んだブランドとして、1990 年代のスタイルに大きな影響を与えるようになります。


2005 年には、Jil Sander のアートディレクターに迎えられ、その就任期間中にこのブランドを活き活きとした洗練あるモダニズムのブランドとして育てあげました。2012 年から2015 年後半まで、Dior Women のクリエイティブディレクターを務めました。2016年8月から2018年に Calvin Klein のチーフクリエイティブオフィサーを務めていた当時、同ブランドの2017年のメンズ&ウィメンズコレクションと、2018年のウィメンズウェアコレクションでDesigner of the Year に輝いています。


現代アートとモダンデザインの熱烈なコレクターである Raf Simons の美の世界の根底には、芸術に対する憧れがあります。また、分野を超えたコラボレーションも定期的に行っています。