Spitzmaus Mummy in a Coffin and other Treasures by Wes Anderson and Juman Malouf

ウィーン、2018 年

2012 年、Kunsthistorisches Museum Vienna が新しいエキシビションシリーズをスタート。新進気鋭のクリエイターたちが招かれ、美術館の歴史的コレクションから選んだオブジェのコレクションを披露しました。 美術館に所蔵されている作品は 400 万点を超え、5 千年前にまでさかのぼります。

2018 年のエディションでは、アメリカ人の映画制作者 Wes Anderson と作家・イラストレーター Juman Malouf が Kunsthistorisches Museum Vienna からエキシビションのキュレーションを依頼されました。 「Spitzmaus Mummy in a Coffin and other Treasures」と名付けられた特別なエキシビションは、美術館のエキシビションシリーズの第三弾として、2018 年 11 月 6 日にスタートしました。

エキシビションでは、美術館の 14 種類の全歴史的コレクションから 400 点を超える作品が選ばれ、Anderson と Malouf が美術館のキュレーターやコンサバターの協力を得て、作品としてまとめられました。 エジプト、ギリシャ、ローマの古美術品、巨匠による絵画、Kunstkammer や Imperial Treasury から選ばれた作品、Imperial Armoury の作品、Coin Collection、 Collection of Historic Musical Instruments、さらに、Theatermuseum、Weltmuseum、Imperial Carriage Museum、Schloss Ambras Innsbruck のコレクションなどがエキシビションに盛り込まれました。

美術館の館長 Sabine Haag はエキシビションについてこう語っています:

Kunsthistorisches Museum の招待を快諾してくれた Wes Anderson と Juman Malouf に感謝しています。二人は、きわめて斬新な美意識を活かして、当館の作品を印象的なフォーマットで表現してくれました。 訪れる人たちの Kunsthistorisches Museum 観をがらりと変えるような素晴らしいプロジェクトになりました

エキシビションは Kunsthistorisches Museum Vienna と Fondazione Prada のコラボレーションで開催され、2019 年 10 月からミラノの Fondazione Prada で展示されます。 Jasper Sharp(Kunsthistorisches Museum)と Mario Mainetti(Fondazione Prada)がキュレーションをサポートしました。 詳細な解説を盛り込んだカタログも制作され、Sabine Haag、Jasper Sharp、Wes Anderson が寄稿しています。

Kvadrat が提供した 500 メートルに及ぶ、さまざまな色彩の  Divina 3  テキスタイルがエキシビション空間の各エリアを彩ります。