Melissa Liu Poulsen は Kvadrat Singapore のカントリーディレクターです。

「素敵なデザインの新作コレクションを見るたび感動します。それに、社外デザイナーたちのクリエイティブな才能も素晴らしいと思います。 また、クライアントと仕事をする中で、彼らのアイデアやデザインへの情熱からも刺激をもらいます」

Q: Kvadrat で働くことになったきっかけは?                       

2011 年に、Jorgen Hansen アジア担当 VP からシンガポールのオフィス開設について聞いた時、自分が Kvadrat のアジアでの展開をサポートすべきとはっきり感じました。 私は台湾とデンマークのバックグラウンドを持つので、標準中国語の語学力と、アジア文化を熟知していることを生かす格好のチャンスだと思いました。

シンガポールオフィスを協力して設立し、新規市場を一から構築することが、私にとって最大の成果の一つです。 2011 年にシンガポールの子会社が誕生し、私が最初に採用されました。 最初は、必要最小限のものだけを備えた、控えめなスタートでした。 在宅勤務やスタジオへの売り込みの電話はエキサイティングでした。

翌年には Christina が入社し、協力して瞬く間にネットワークやビジネスを構築していきました。 現在、シンガポールの最も美しいエリアの一角に私たちのショールームがあります。 コントラクトビジネスで人気あるテキスタイルブランドとして、アジアにおける Kvadrat Acoustics のパワーハウスになることを目指しています。 このような成果はチーム全体のサポートがあって初めて実現できます。 

Q: Kvadrat で自分の可能性をどのように実現できると感じますか? 

チームとの緊密な連携無くしては、自分の可能性の実現はできません。 アジアでは、私たちの業界はスピード感のある環境が特徴で、コントラクトプロジェクトの内容は日々刻々と変化します。 顧客は競争力を維持するために、迅速な対応を求めています。 そのため、チーム内の緊密なコミュニケーションが欠かせません。

3 つの部門すべてで顧客を担当しているため、日々の集中力がものを言います。 シンガポールでは、東南アジアとインドのプロジェクトを担当しています。 海外の顧客に対応できるよう、セールスマネージャー、Christina、私の間で市場を分割して担当しています。 市場を割り当てることで、各市場のダイナミクスを深く理解し、プロジェクトの獲得につながる競争力のあるネットワークを構築することができます。

同僚たちがいることで、アイデアや問題を共有することができます。 全員が豊富な管理経験を持っているため、洞察とインスピレーションあふれる意見が得られます。

Q: 仕事でどんなことから刺激を受けますか?

素敵なデザインの新作コレクションを見るたびに感動します。それに、社外デザイナーたちのクリエイティブな才能も素晴らしいと思います。 また、クライアントと仕事をする中で、彼らのアイデアやデザインへの情熱からも刺激をもらいます。 さらに、 特に、緊密なコミュニケーションや知識の共有を通じてサポートし合う、困難なプロジェクトにやりがいを感じます。

Q: Kvadrat の多様性やインクルージョンへの取り組みについてどう感じますか?

デザイン業界の販売会社にとって、多様性は成功のための主要要素の一つです。 私たちの違いは強みであり、イノベーションや創造性を引き出します。 多様な人材で構成される組織は現状に疑問を投げかける一方で、均一的な組織は停滞や予測可能性に屈するでしょう。 多様なバックグラウンドを持つ人たちが働く Kvadrat では、一つのトピックを対照的な角度から眺められることで、ビジネスとしての繁栄を可能にするより幅広いアイデアを実現することができます。

また、サステナビリティレポートを通じて、この分野の進展や方向性を追跡しています。 管理職に多様なジェンダーや国籍の人たちが就いていることは、とても良い兆候です。 国籍、ジェンダー、人種、階級、年齢に関わりなく、誰もが昇進の機会を与えられていることを示しています。 すべては個人の仕事への姿勢と能力次第です。

インクルージョンに関しては、Kvadrat は RUM や A&E Space のコンセプト等、全社的な意欲を高めるエキサイティングなコンセプトを数多く展開してきました。 マネージャーや営業担当者が知識や経験を共有できる、小さなオンラインコミュニティを作ることで、 さまざまな地域に散らばっている従業員間の絆を強化し、一体感を育むことが目的です。