製品ストーリー

Ardaは、自然界に存在する複雑なフォルム、構造、表面、色彩を表現 したニット生地のインテリアテキスタイルです。スウェーデンのデザイ ンスタジオFrontのSofia LagerkvistとAnna Lindgrenによるデザ インプロジェクト「Design by Nature」の一環として制作されまし た。

「この概念をもとに、自然界のさまざまな要素を家の中へ直接迎える ことができないかと考えました」Sofia Lagerkvist & Anna Lindgren. また、モチーフとなった自然環境への影響を最小限に抑えて制作され ています。主に再生可能な天然の毛糸を使用し、従来の方法と比べて 水の消費量を80~95%削減する革新的な製造工程を採用していま す。

Ardaは、椅子の張り地や、縦方向の張り地に適しています。このため、コントラクトと住宅の両用途に最適です。

試験結果
  • 耐久性 {{site.selectedConfiguration.martindale || "50,000 Martindale"}}
  • ピリング 4-5 (ISO 1-5)
  • 耐光性 {{site.selectedConfiguration.lightFastness}}
  • 燃焼試験 US Cal. Bull. 117-2013 • EN 1021-1/2 • DIN 4102 B2 • IMO FTP Code 2010 Part 8 • BS 5852 part 1 • UNI 9175 1IM • AS/NZS 3837 class 2 • ASTM E84 Class A Unadhered • BS 5852 crib 5 with treatment

    難燃性能は使用するフォームの種類によって異なります。繊維製品の難燃性は、使用される分野や国、地域によって要求事項が異なります。当社のテキスタイルは、国際規格の大半に合格しており、また、地域ごとの要求事項についても試験されています。

  • 摩擦堅牢度 {{site.selectedConfiguration.fastnessToRubbing}}
  • エアフロー 165Pa s/m
  • 吸音性 0.40/Class D (平らな状態での吸音性 )
  • Fire resistant
  • Flammability
  • Wet and dry crocking
  • ¿ Colourfastness to light
  • ¡ Physical properties
  • ¦ Abrasion - high traffic
お手入れ
  • クリーニングとお手入れについて :
    P最高 30°C でソフト洗い
    B漂白剤使用不可
    Cドラム乾燥は不可
    E低温 (最高 110°C) でアイロン。
    Dプロのドライクリーニング
製品特性
  • 保証 : 5 年
  • 収縮 : 2.5 / 5 %
  • 洗濯重量 : 半分
  • 色差 : 若干の違いが生じる場合があります。
  • ロールあたり長さ (メートル) : 約 18 metres (約 20 yds)
  • 環境への配慮 : Greenguard Gold , HPD
製品情報
{{ 'Labels.Kvadrat.Client.ProductDetail.Previews.Designer' | translate }}
室内装飾用テキスタイルのお手入れについて

室内装飾用テキスタイルの外観を良好に保ち、長持ちさせるには定期的なクリーニングが重要です。

  • Regular care UPH

    椅子張り生地を最高の状態に保ち、長持ちさせるためには、定期的なクリーニングが重要です。ホコリや汚れはテキスタイルを摩耗させ、再保護特性も低下させます。 掃除機はこまめに、理想的には1週間に1度、適切な場合は半分の力でかけてください。ポリウレタン製の椅子張り生地は、乾いた布か湿らせた布で拭いてください。柔らかいブラシで掃除機をかけることもできます。

  • Stain removal UPH

    迅速に対処すれば、食べこぼしを除去し、シミの形成を防ぐことは難しくありません。ただし、完全なシミ抜きを保証するものではありません。 まず、液体や固まったシミをスプーンやスコップでこすり落としてください。また、掃除機で吸い取った後、さらに掃除を行ってください。液体は、吸収性のあるナプキンや布で吸い取ってください。 油分を含まない汚れは、糸くずの出ない布か、ぬるま湯で絞ったスポンジで丁寧にたたいて落とします。糸くずの出ない布で、シミの中心に向かって円を描くようにやさしくたたくと、シミの端が残るのを防ぐことができます。油性のシミは、適切な洗剤や溶剤を使って落とします。どのような場合でも、まず目立たない部分でシミ抜き剤を試し、カバーに影響があるかどうかを確認することをお勧めします。 使用前に必ず生地を完全に乾かしてください。エッジの跡が残らないように、ドライヤーを使用する必要がある場合もあります。これは特にマイクロファイバーのテキスタイルに当てはまります。 これらのアドバイスはあくまでも推奨事項であり、シミの完全除去を保証するものではありません。どのような場合でも、専門のドライクリーニング業者に依頼されることをお勧めします。特に大きなシミの場合、満足のいく結果を得るためには、専門のドライクリーニング業者に依頼することをお勧めします。シミがすでに処理済みかどうかを明記することが重要です。

  • Professional cleaning UPH

    定期的なメンテナンスとクリーニングは、汚れが生地に定着して繊維を傷める前に取り除きます。適切なメンテナンスと定期的なクリーニングは、繊維の寿命を延ばし、リフォームや修理、交換、廃棄にかかるコストを削減します。 抽出洗浄/炭酸ガス洗浄は、必要な場合にのみ行う大がかりなディープクリーニングのためのものです。石鹸は使用しないため、pH中性の炭酸ガス溶液をお勧めします。エクストラクション・クリーニングは椅子張りと絨毯の両方に使用できるため、椅子張りの布地に適した口金を使用することが重要です。使用前に必ず布地を完全に乾燥させてください。 繊維が糊付けされている場合は、洗浄剤の温度に注意が必要です。55~60℃を推奨します。また、洗浄液の使いすぎに注意し、繊維を飽和させないことも重要です。繊維が非常に汚れている場合は、クリーニングを繰り返す必要があります。スチームクリーナーはお勧めしません。スチームが汚れを繊維の奥深くまで押し込んでしまい、後で表面に出てきてしまうからです。 ジーンズに含まれる余分な染料により、濃い色のジーンズはテキスタイルにシミを残すことがあります。

  • Impregnation UPH

    ウールは汚れをはじく性質があるため、毛織物の椅子張り生地への含浸加工はお勧めしません。 Trevira CS100%の生地への含浸は、生地の永久難燃性を低下させるので避けるべきです。

  • Removable covers UPH

    Trevira CS製の取り外し可能なカバーは、最大40/60℃で洗濯機で洗うことができます。さらに、特定の綿織物やマイクロファイバー織物も洗濯できます。ウール製のカバーは洗濯できませんが、ドライクリーニングしてください。 色柄物用の洗濯洗剤を使用し、使用量を守ってください。布地を裏返して洗濯し、洗濯機に半分だけセットする。スピンドライは速度を落として行う。カバーは吊り下げた状態で乾燥させ、装着するか、少し湿った状態で装着すると作業が楽になる。 すべてのファスナー付きカバーが取り外せるように設計されているわけではありません。家具メーカーにお問い合わせください。特に大きなカバーの場合は、専門のクリーニング店に依頼されることをお勧めします。