ラグ

Kvadrat のラグはオーダーメイドで手作りされます。 優れたクラフツマンシップ、細部へのこだわり、 触感豊かな構造を特徴とする製品には、伝統の技法が現代的に表現されています。

忘れ去られていた生産手法を蘇らせ、ハンドメイドならではの美しさを大切にすることに定評ある Kvadrat は、優れた職人たちと協働して、日常の使用に耐える耐久性に優れた製品を生み出しています。

最高の素材を使って世界有数の織り手により生み出されるラグは、長年使用できます。 長い耐用期間を誇り、商業・住居空間を快適に彩ります。

空間の存在感

ラグは、冷たい空間を温かみのある空間へ変え、硬質な角に心温まる美しさを添え、家に温かさを演出する大切な存在です。 触感は、ラグの最も大切な特性のひとつです。 暖かく、柔らかいテクスチャーのラグは、気持ちを和ませてくれます。 表情豊かでシンメトリーなラグは静的なイメージを生み出すことで部屋に安定感をもたらし、落ち着きのあるパターンは人間の創造性や交流の可能性を広げてくれます。

生産技法

オランダ、スコットランド、トルコ、ドイツ、ネパール、インドの熟練のラグメーカーの手で生み出される Kvadrat ラグは、独特のテクスチャー、独自の色使い、斬新な構造が特徴です。

Kvadrat ラグにはタフティング、ウィービング、ノッティングといった生産技法が用いられています。

タフティング

タフティングは機械または手作業で行われます。 手作業でのタフティングでは、タフティングガンを使用してさまざまな模様や形を作り上げます。 機械を使ったタフティングは、直線模様に限定されていますが、あらゆる種類の糸の使用が可能です。 ベースファブリックをフレームに広げます。 タフティングガンで糸をベースに刺し、裏張りで留めていきます。 Kvadrat では、機械と手作業のタフティングの両方を使用してラグを生産しています。

ウィービング
ウィービングでは経糸と横糸の 2 種類の糸を組み合わせます。 経糸は縦方向に、横糸は横方向に走らせます。 ウィービングは伝統的な技法で、手作業または工業的に行うことができます。 Kvadrat のウォーブンラグの大部分は、手織りで作られています。

ノッティング
ノッティングはパイルヤーンをベースに留める、伝統的な手法です。 Kvadrat では、特殊なノットで長い糸同士をつなぎ合わせる、現代的なノッティング手法を用いています。 Kvadrat ノットラグは、全て手作業で作られています。