試験結果
  • 耐光性 {{site.selectedConfiguration.lightFastness}}
  • 可視光伝達、ガラス {{site.selectedConfiguration.lightTransmission}}%
  • 吸音性 0.35/Class D (平らな状態での吸音性 ) 0.55/Class D (折りたたんだ状態での吸音性 )
  • エアフロー 138Pa s/m
  • 燃焼試験 NFPA 701 • EN 13 773 class 1 • DIN 4102 B1 • NF P 92 507 M1 • JIS L 1091 A-1 D • UNI 9177 Classe 1 • BS 5867 part 2 type B • SN 198 898 5.2 • IMO FTP Code 2010 Part 7 • EN 13501-1, B-s1, d0 • AS/NZS 1530.3 • CAN ULC S102 • CAN ULC S109 • IMO FTP Code 2010 Part 5 • GB 8624 B1 • ASTM E84 Class A Unadhered

    難燃性能は使用するフォームの種類によって異なります。繊維製品の難燃性は、使用される分野や国、地域によって要求事項が異なります。当社のテキスタイルは、国際規格の大半に合格しており、また、地域ごとの要求事項についても試験されています。

  • Marine use
  • Fire resistant
  • Flammability
  • Wet and dry crocking
  • ¿ Colourfastness to light
お手入れ
  • クリーニングとお手入れについて :
    F最高 60°C でソフト洗い
    B漂白剤使用不可
    Cドラム乾燥は不可
    I中温 (最高 150°C) でアイロン
    Dプロのドライクリーニング
製品特性
  • 製造国 : イタリア
  • 保証 : 10 年
  • Greenguard認証
  • 収縮 : 約 1 / 0 %
  • 洗濯重量 : 半分
  • 色差 : 若干の違いが生じる場合があります。
  • ロールあたり長さ (メートル) : 約 33 metres (約 36 yds)
  • 透明性: 透明
  • 環境への配慮 : Greenguard Gold , HPD, EPD
製品情報
{{ 'Labels.Kvadrat.Client.ProductDetail.Previews.Designer' | translate }}
{{ 'Labels.Kvadrat.Client.ProductDetail.Previews.InUse' | translate }}
カーテンテキスタイルのお手入れについて

カーテンテキスタイルの外観を良好に保ち、長持ちさせるには定期的なクリーニングが重要です。

  • Regular care CUR

    可能であれば、カーテンは1年に1回洗濯することをお勧めします。使用頻度が高い場合は、より頻繁にクリーニングすることをお勧めします。クヴァドラットとキナサンドのカーテン生地にはすべてメンテナンスラベルが付いています。お手入れ方法に従って洗濯が可能なすべての商品には蛍光増白剤を含まない中性洗剤の使用をお勧めします。 アレルギーのリスクを軽減するため、蛍光増白剤、香料、着色料を含まない洗濯用洗剤の使用をお勧めします。 1~3%の縮みを考慮に入れてください。 より詳細な情報については、専門のクリーニング店および/またはランドリーに問い合わせることをお勧めします。専門のクリーニング店では、カーテンのメンテナンススケジュールを立てるお手伝いもしてくれます。